ゲームと猫とお菓子が大好き

【SFV/スト5】コマンド入力を表現する英数字について【236K→2P】

よくネットで見かける英数字

まずは、これ236K→2P

Kはキックだろう、Pはパンチかなと想像はつくと思うのですが

236ってなんだろう?

僕も、しばらくわからずにどういう意味だ?って思ってましたが

この数字は、キーボードのテンキーを使ってレバー操作の表現をしていました

テンキーの例(⑤はレバーの位置になります)

 

波動拳だと、下=2、右下=3、右=6となり 236Pといった感じに書きます

ということで

236K→2Pは?

かりんの大蛇になります

理解してからは、なるほど~と言った感じですw

他の表現は?

皆さんが知っているであろうコマンド名でも

表記されていることもありました

波動拳コマンド(236P)

昇竜拳コマンド(623P)

竜巻旋風脚コマンド(214K)

などですが、技名をそもそも知らない場合はわからないですね(上記3つは有名ですが)

他には矢印記号の画像を使ってたり(これは分かりやすい)

公式のシャドルー格闘家研究所は画像で流石に分かりやすいです

大蛇が出ない

トレーニングモードで入力コマンドを表示させているんですが

頭で236K→2Pを入力してるつもりでいても

表示では、ずれていたりしていました

236KP2という感じになっていたので

やはり正確に入力出来てなく、大蛇を出すつもりが天狐というw

 

刹歩をキチンと入力し、その後に派生コマンドを入力

最初はゆっくり入力、徐々にスピードを上げて入力してみると

狙って大蛇を出せるようになりました

 

まだまだ不安定ですが、一歩前進です

今回の動画

大蛇が出せるようになるまでを

動画にまとめてみました

参考になればと思います

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください