【SFV/スト5】ブロンズに上がる時に意識したこと【強くなるために#05】

強くなるために
スポンサーリンク

前回から、少し時間が開きまして

スト5する時間があまりなかったり、blogを書けないくらい疲れてたりw

でも、スト5してない時に色々考えるのは結構楽しくて

電車とかの移動時には色々メモしながらやってます

ブロンズに上がったので、ちょっと意識してきたことを書いておきます

まぐれでブロンズに上がった時から1ヵ月くらい経ちましたが

まともに?ブロンズへ上がりました

また落ちることもあるかもしれません

その時は、別の課題が見つかると思う!多分!

スポンサーリンク

技が出ない時

最近、トレーニングモードでは思うように技が出せるになっていますが

ランクマになると、中々技が出ないことがあります

トレーニングモードに戻ると技が出ますw

なんでだろう?・・・といつもの様に考え込み

対戦に慣れていないのもあるんでしょうか

僕の場合は、どうも焦りのようです

相手に押されるのもありますが、こちらの引き出しが少ないのもあり

相手に手の内を読まれだすと焦ります

この辺は引き出しを増やすために、もっと練習が必要ですが

焦りの面は治したいところです

相手の猛攻に対し、焦りまくると手に負えません

中キック連打の方に当たって、またかーと思ってたらいきなり中身が現れた時はびっくりしましたがw

焦らない為に

焦りは禁物なんて言葉もありますが

相手に押され焦ってくると、屈中足天狐も出なくなるので(最速どころか、ノーマルも出ない)

気が付いたのは、屈中足の後のレバーとボタンのタイミングが完全にずれ始めます

なぜ技が出ないのか?

焦ってしまい、コマンド入力に支障が出てる・・・

最近は、対戦前に落ち着いて深呼吸したり

攻め込まれても、相手をよく見ようなど

自分に言い聞かせてます

わずかなチャンスを見つけることが出来たら反撃はできると思うのですが

弱技などの牽制に思わず反応してしまい、技を返されてしまう

相手の隙が多い技に対して、落ち着いて反撃できると自分のターンです

焦っていて、反撃チャンスを逃したり

チャンスの時にキチンとコマンド入力出来なかったりすると

折角のチャンスが無駄になり、相手のターンが続くと思います

チャンスを生かせる平常心と言いますか、動じないプレイをするためにも

  • とにかく、相手のことをよく見る
  • 気持ちを落ち着かせてプレイする

対戦経験はとても重要だと感じていますが、気持ちを落ち着かせてプレイするのは更に重要であると感じます

どんなに押されても落ち着けるようにしたいですね

こちらから仕掛ける

できれば、こちらから仕掛けて当てたいところです

こちらのターンが増えるのは気持ち的にも有利です

体力ゲージが多かったりと色々と有利に思えるものがあります

こちらから、仕掛けるということに今回照準を当ててみると

例えば、立ち強キックを当てたくても

いきなり立ち強キックを振ってもめったに当たらないですよね

むしろ反撃されますw

相手の攻撃で隙の多い技に返してみたり

間合いによる相手の飛び込みを計算して振ってみたりと

色々な当て方があると思いますが、みんなで考えれば考える人数分出てくる

一つの例ですが、僕がたまにやってるのが

立ち強キックの前に、立ち弱キックから入る

5弱K→5強Kとポンポンするだけ

これだけで、相手は反応してくれることが多く

立ち強キックに刺さってくれます

どこかで聞いたわけでも見たわけでもないんですが

ランクマで実践中になんか当たるなーと思いました

相手もこちらのパターンというか技の出るタイミングを見たりしながら次の手を読んでくると思うので

弱Kがうまくフェイントになって、相手が動き出し強Kが当たる感じです

上のは一つの例ですので、似たようなことが色々できると思います

何か一つのアクションを挟むことでフェイントになったり

相手の読みを外し、その結果

狙った攻撃を当てると言った感じです

少しずつ引き出しを増やしていかないとですねー

対戦前に課題を

上級者の様に、色々なことに反応出来たり相手を読むことができればいいのですが

現状は、そこまで出来ないので

  • 今回は、投げと投げ抜けを意識する
  • 対空を決めれるよう意識する
  • 投げられても全部ガードを意識する
  • チャンスがあればCAを使うことを意識する

などの中から、何か一つでも意識して臨むようにしています

やりたいことからでいいと思います

通常の対戦にプラスもう一つって感じです

結果、意識することによって

対空を意識なら、ちょっとでも対空を決めて

相手の飛びが減ると、こちらに少し余裕ができ

小さな事でも「出来た!」と思えるのはいいこと

一つの課題が出来るようになったら、次の課題をやってみる

上手く行かなかったら、トレーニングモードやリプレイを使い

自分のやってることを観察し原因を探ったり

わからないなりにも、繰り返し同じ状況を再現してみて

ふっと気が付いたり

課題が出来るようになった時には

謎解きゲームで謎が解けたあの瞬間に感覚は似ていると思います

今回のまとめ

  • 焦らないように、自分を落ち着ける
    • 相手をよく見る
    • 対戦前に深呼吸などしてみる
  • 単調な攻めに、フェイントを混ぜてみて相手の読みの裏を突く
    • 適当に技を出すより、相手を揺さぶるフェイント
  • 対戦前に課題を設ける
    • 小さなことでもいいから、出来そうなことを一つ意識して挑む

僕も何からやったらいいのか、ネットには情報も多く迷ってしまいます

弱いと何もできないってわけじゃないので

出来ることを少しずつ増やしていくのが大事だなと思いました

失敗失敗と考えるよりも、おっ出来た!と思った方が楽しいですよね

コメント

タイトルとURLをコピーしました