【SFV/スト5】相手の対応に対応しよう【強くなるために#11】

スポンサーリンク
強くなるために
スポンサーリンク

相手を見る事が好きなんです

スト5始めたころから相手見過ぎて

こっち何もしないで見つつ

相手に色々されて、何もできないっていうのが多かった

それでも、相手何してくるのかを見てしまう

情報が欲しくてしょうがないのかなぁ

スポンサーリンク

相手の対応を見よう

最近は、相手を見るのをもちろんやめてないけど

かりんの技に対して何する人?という感じで

かりんの色々な行動に対して、何するのかを見るのがいい感じですね

何もしないで何するの?は待ちのみになってて

相手を楽な状況にしてしまうだけです

様子見をしてはいけないわけじゃなく、攻め一辺倒よりは様子見は必要だと思います

しかし、待ちを主軸には立ち回れない感じ

弾があって、待ちキャラならいいかもですね

接近戦タイプなら、攻めもあるから待ちに効果があると思っています

ちょっとでも、こちらから触りに行けると

その後に何をするのか?

なるべく、相手の対応を見ようとしてます

かりんの場合

例えば、立ち弱キック

離れてばかりでは、立ち弱キックで触ることはできないですが

密着の回数を増やして行くと

立ち弱キックを当てる回数は増やせます

飛びから、起き攻め対空、相手の技をガードした後等々

立ち弱キックからの打撃投げの2択を有効活用して

ダメージを取っていければいいですね

他には、大蛇後の間合い状況もそうですね

確定反撃が無いものの少し歩けば投げれる距離なので

相手が何をしてくるのか見るのは重要です

まだまだありますが

また別の記事で!

というわけで、かりんを使っていて自分の技を知っていれば

つまり自キャラの技を知っていれば

それに対して、相手の取る行動を見ておくと

相手の行動に対して、どう対応すればいいかがわかると思います

上の例でいきますと

こちらが、立ち弱キックから投げに行ったら

相手が投げ抜けしてきた

この情報で、次は立ち弱キックを当てたら下がるという対応を取ります

ちなみにですが、投げ抜けにはタイミングが人によって違うというところもあります

THROW ESCAPE」の緑の文字が直ぐに出てると

早めに投げ抜けしてる可能性がありますね

その場合は立ち弱キック後に屈中Pが刺さりやすい

次は、立ち弱キック後に屈中Pをやってみる、という風になります

THROW ESCAPE」 が結構遅れて出ると、屈中Pもガードになってるのに

実は遅らせグラップもしているという状況もあるので

難しいですね

でも、立ち弱キックを当ててから下がることによって

投げ抜けが出ないなら、遅らせグラップをしていない

一瞬、えー遅らせグラップしてなかったの???とかなりそうですが

ということは、ガードしてるだけなので投げが通る

次に投げに行って投げ抜けされたら

こっちもランダムに切り替えるか、相手の前でうろうろする

うろうろするというのは、近づくと投げ抜けを入れる人が居るからです

うろうろして投げモーションが出たら、近づくと投げ抜けするのかもしれませんね

あくまでも、立ち弱キックごに下がっても投げ抜けしない場合です

最後に

という感じで、こちらが触りに行った後に何をするのか?

これを見るのに結構ハマっております

見過ぎて受けが増えるのは仕方ないんですが・・・そこは慣れないと!

相手の対応を見る事により

相手を崩す確率が上がると思います

相手を見ることは、結構楽しいですよ~

では~

コメント

タイトルとURLをコピーしました